クリーンルーム規格の重要性

クリーンブースとはチリやホコリが少ない清潔なエリアです。
このクリーンブースは、手術室や医薬品、食品など人々の生活や健康に影響する製品製造でも使用されています。
人々の安全にかかわるブースですので、その清潔度合は、非常に重要性が高い指標となります。
このクリーンブース、クリーンルームの規格は、国際規格であるISOに定められています。
ISOでは、1立方フィートあたりに許容されるチリやホコリの数によって、そのグレードが決まっており、そのグレードのことをクラスと呼んでいます。
例えば、クラス100のクリーンルームでしたら、1立方フィートあたりに許されているチリの数は100個以内であることを示しています。
クリーンルームやブースは、その用途、目的によって従うべきクラスが異なっており、その基準はそれぞれの業界の公的なガイダンスや法律によって定められています。
例えば、医薬品の中でも特に清潔さが求められる注射剤では、クラス100のクリーンルームが必要であることが日本薬局方などに定められており、注射剤を作る製薬企業は、この基準を満足する部屋を維持管理しなければならないのです。

クリーンルームの信頼感

クリーンルームの照明について ク電子部品を製造する企業では、塵や埃といったものをできる限り防ぐ必要があり、クリーンブースと呼ばれる中身が存在しています。
品質を確かなものにするために、最近は信頼感のあるクリーンルームを設置する動きがあります。
製造工程で混入することを防いでいくために必要となる情報を慎重に見ることができれば、導入するメリットを真剣に考えていれば将来的な中身がはっきりとするため、クリーンブースを賢く活用することができます。
クリーンブースは初期での投資に予算がかかっていくという部分がありますが、長い目できちんと確認していくことにより、良質な生産を可能にする部分が生まれていきます。
信頼感を得ることが企業としては重大な内容となるため、設備を前向きに検討しているならば積極的な投資というものを考えていく姿勢が重要です。
クリーンルームの規模を大きくすることで、品質の高い製品の大量出荷も可能となり、世界へ羽ばたく企業のお手本に該当することが現実のものとなってきます。