クリーンルーム導入を考えてる方

クリーンルームは空気の洗浄を行うことで、部屋の中を綺麗な状態に保つことができる設備です。
特殊な機械によって空気の状態がコントロールされ、微粒子レベルの洗浄が可能となっているのが特徴です。
通常は塵埃を排除するために行うものですが、微粒子レベルでコントロールできるのであれば、細菌類も除去できるという考え方によって汚染予防にも利用されているのがクリーンルームとなります。
そのため、食品管理など異物混入を防ぐために利用されることも多いですが、最近では電子機器にほこりが触れないようにするためにも用いられています。
本来であれば一室を丸ごとクリーンルームにするのが当然ですが、特殊な施工方法によってフィルターユニットや空調機を一体化し、余分な工事を排除することでコストパフォーマンスに優れた部屋を作ることも可能になっています。
パーティション構造によって様々なレイアウトにも対応しているので、クリーンルームの導入も比較的楽になっているのが現状です。

今求められているクリーンルームとは

今求められているクリーンルームとは 今求められているクリーンルームは、コストが掛からず省エネルギーで柔軟性がある等、多種多様なニーズが発生しています。
用途や目的はいろいろありますが、コストが掛からないことが重要なのは間違いありません。
まず、低コストで余分な工事を行わずに短納期で設置できることが重要です。
そして、目的や用途に併せてパーティションを自由に組めたりする柔軟性が、今のクリーンルームには求められているのです。
必要に応じて増設や移設、清掃などを自由に行え、室内に空調ユニットを設置することにより、低コストでのクリーンルームを実現させています。
その上で、環境に優しい、災害に強いことがクリーンルームには求められるようになっています。
単に精密機器を造るだけの目的では無く、用途に応じてレイアウトやパーティションを自由に変更することが可能で、短期間に低コストでの設置が可能な柔軟なもので無いと、変化の激しい製造工程では通用はしなくなってきています。