クリーンルームを綺麗に保つポイントは空調

クリーンルームを綺麗に保つポイントは空調 クリーンルームとはその名の通り、床や壁はもちろん、空気中にもホコリや細菌などが存在しない、綺麗な部屋のことを指します。
クリーンルームでは化学薬品の製造や精密機器の作成などで行われます。
そのため、大手の企業や大学の研究室などにあることが多いです。
空間に舞うホコリや細菌を除去することは簡単なことではありません。
部屋をクリーンにするポイントは空調機器にあります。
清浄機能のある空調機器を使うことによって、効率よく空気中のコリや細菌を取り除くのです。
そのために重要になるのは空調機器に取り付けるフィルターです。
一戸建てなどで使われているような換気扇のフィルターでは微細なホコリや細菌は簡単に通過してしまいます。
最近は非常に高性能なフィルターを使っている製品もありあすが、やはり細菌を完全に除去することは難しいです。
そのため、クリーンルームの空調機器には特殊な科学技術で作られたフィルターが使われているのです。

クリーンルームの濾過フィルター

クリーンルームは、contamination controlが行われている限定した空間であり、空気中における浮遊微生物や浮遊微生物が清浄度レヴェル以下に管理されて、その空間に供給される薬品や材料、水などについても要求される清浄度がキープされた上で、必要に応じて湿度や温度、圧力などの環境条件においても管理されている部屋のことです。
食品工場や病院の無菌治療室、遺伝子組み換えの研究など幅広い分野で使用しています。
クリーンルームは、室内の空気を循環させて、清浄度レヴェル以下にするという仕組みです。
具体的には、超高性能フィルターで空気を浄化して、その浄化した空気を部屋一面に拡散させます。
そして、拡散させた空気をプレフィルターで一時濾過します。
この濾過された空気を循環ファンにより、超高性能フィルターに送ります。
これにより、超高性能フィルターを通過したクリアな空気が常に供給されることになり、部屋の中を循環するので清潔な状態をキープすることになります。