クリーンルームの作業着に関する注意点

クリーンルームの作業着に関する注意点 クリーンルームの中で着用する作業着には、通常とは異なる機能と注意点が求められます。
作業着と聞くと通常は汚れやすい場所で服を汚さないように着用したり、動きやすいように着用するものですが、クリーンルームの場合には全くその意味合いが異なるので注意が必要です。
基本的にはクリーンルーム内に埃を落さないように着用するものであり、作業のしやすさや汚れの防止の観点はあまりありません。
その為その材質は塵や埃を吸いつけることのないよう、静電気を帯びないような素材で作られています。
また、その人が着用している服からでる塵なども放出しないよう、袖口などはしっかりと閉められており、襟元などもきっちりと閉められる構造のものが多いのも特徴です。
更にゴミなどが付着している場合に分かりやすいよう、色は基本的に白が一般的です。
その為、その効果を最大限に生かすため、袖口や襟ぐりはしっかりと締めるなど、きちんとルール通りの着用をすることが大切です。
クリーンルームによりそのルールは異なるので、そのルールをしっかりと理解しその通りに着用することが重要なのです。

クリーンルーム内での防護服の役割

集積回路の生産工場や食品工場、医療器具の作業空間は、工場内への異物やほこりが入り込むのを防ぎ、作業の空間を清潔に保つために隔離されたクリーンルームになっています。
とくに集積回路工場においては、適切な作業を行うためには必要不可欠であり、集積回路を利用するハイテク産業においては非常に重要な空間であるといえます。
集積回路工場の焼き付作業においては、回路への異物の付着を防ぐ目的でクリーンルームが利用されます。
クリーンルーム内の作業は防護服を着た状態で行われ、微粒子の発生を極限まで抑えます。
防護服は人間から発生する微粒子の飛散や体積を防ぐ効果があり、入室する際には防護服を着た状態でエアロック内でエアシャワーをして、ほこりを吹き飛ばして状況を満たしたら入室できます。
防護服はほこりを除去しやすくするための有効な手段であり、集積回路の現場においては重要な役割を持っており、たしかな品質を保持することに大きな影響を持っています。